むし歯・歯周病治療 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > むし歯・歯周病治療

むし歯・歯周病治療

LINEで送る
Pocket

むし歯治療

xf2915063545l

虫歯の治療は、MIの思想にのっとって虫歯以外の部分は、
出来るだけ削らず低侵襲治療を行っています。

M.I.とはミニマル インターベンション(Minimal Intervention)の略で最小限の浸襲で治療を行うということです。すなわち歯をなるべく削らずに、本当に悪くなった部分だけを削除して修復する。

また、なるべく歯の歯髄(神経)を取らずに治療をすることで歯の寿命を延ばし歯の喪失を防ぎ一生ご自分の歯で食べられるようにしようという考え方です。

以前は現在ほど接着剤の性能が良くなく、金属による修復が主流だったので、金属の修復物がはずれないような形態にするために健康な歯質も削っていたのです。しかし、歯は削れば削る程薄くなりその強度が低下し、結果歯が欠けたり、割れたりして抜歯になってしまっていました。

しかし、現在接着剤の歯に対する接着性能は飛躍的に向上し、最小限の切削で治療が行えるようになってきました。
子どもの場合は、基本的に金属を使いません。接着性のレジンにて外れにくい修復を行います。




MIによる虫歯治療は、以下のような原則に則って行われます。

1.初期の虫歯を再石灰化させる。

2.口の中の虫歯菌を減らし、虫歯の進行を防ぐ

3.出来るだけ少ない範囲での虫歯除去を行う

4.完全に除去して 再修復よりも補修ですますことを心がける

5.メインテナンスを徹底し、虫歯再発を予防する

ミニマルインターベンションを心がける場合、従来のようにまだ穴になっていない虫歯をすぐその場で削ることはありません。
色や硬さを見極め再石灰化が可能かどうかを最初に見極め、可能であればその方向で治療を進めます。
また歯を削る必要があったとしても、できる限り小さなドリルで侵襲を最小限に留める切削・充填方法や材料を選択し、治療後にはメインテナンスを徹底して
虫歯の再発を防ぐのです。


MIの症例

虫歯

術前

黒い部分が虫歯。従来の治療だと大きく削って、銀歯を入れなければなりません。

むし歯

虫歯除去後

小さなバーで、健全な部位を出来るだけ残しつつ、虫歯だけを選択的に除去してまいります。

むしば

術後

フロアブルレジンを流し込み、調整して終了です。見た目もきれいですね! 小さい穴をあけて虫歯のみを除去し、歯と同じ色をした樹脂を詰める。一回で完結する治療です。楽ですね!



歯周病治療

歯周病とは

歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していきます。

歯周病は歯を失う最大の原因です。

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。
しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。
実は10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり侵し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。

虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・
なんてこともありえる横綱級のこわい病気なのです。

歯周病が悪化すると

歯周病の進行段階は、
大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

ほとんどの人は、<歯肉から血が出る>といった自覚症状を感じてからはじめて歯科医の診察を受けにいきますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態なのです。

ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。50歳代で“自分の歯がほとんどない”ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。

いえさき歯科での歯周病治療について

歯周病の詳しい検査
歯ぐきの検査、口腔内写真、場合によっては歯の型をとり、詳しい検査をします。
歯周病についてのご説明
・口腔内写真やレントゲン写真、絵を見ていただきながら歯周病という病気の内容について 説明します。
・現在のあなたの病気の進行度合いについて説明します。
ブラッシングの指導(30分~1時間)
・具体的なブラッシングのテクニックについてお話します。
・自分の歯を自分でケアし管理できるように歯科衛生士が、十分時間かけて丁寧に指導いたします
歯石のチェックと簡単な歯石除去
・ご自分で取ることの出来ない、歯の表面に固くこびりついた歯石をさがします。
・専用の器具で除去していきます。
歯ぐきの治り具合のチェックと歯ぐきの下の歯石除去
・歯ぐきの治り具合を調べる為に2回目の歯ぐきの検査をします。
・STEP4で取りきれなかった歯石をさがします。
・専用の器具で除去していきます。歯ぐきの下の歯石を取ることが多いので、治療には麻酔が必要となる場合があります。
・非常に深いところの歯石を取る場合は小範囲の手術が必要となる場合があります。
歯ぐきの治り具合のチェックとその説明
・歯ぐきの治り具合を調べる為に3回目の歯ぐきの検査をします。
・歯周病治療と成果を検査結果、術前術後の写真を用いて、後日詳しくご説明します。
メインテナンスへ
・大変残念なことですが慢性的な病気の一つである歯周病には完治するということがありません。ティースケア(お手入れ)を続けないと必ずといっていい位に再発します。
・ティースケア(お手入れ)は1ヶ月から6ヶ月の予約制になっております。予約の時期が近づきましたらこちらからハガキでご連絡いたします。
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP