入れ歯・精密義歯 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > 入れ歯・精密義歯

入れ歯・精密義歯

LINEで送る
Pocket

入れ歯について

いえさき歯科では、はずれない・痛みが少ない・噛める入れ歯をおつくりしています。(保険適用)

患者様の中には、入れ歯が外れる、うまくしゃべれなくて人前で話さなくなったりする方、食事にて、
お困りの患者様は多いのではないでしょうか。それは、入れ歯があっていないからです。

当院では患者様に合った入れ歯を作成し、患者様の日々の生活でのストレスを軽減できるように、
カウンセリングから調整まで、患者様としっかり打ち合わせの上、入れ歯を作成させて頂きます。

従来の入れ歯造りでよくあるパターン

あわない入れ歯を長く使っていると全身にも影響を及ぼす事があります。

・肩こり・腰痛・頭痛・偏頭痛・生理痛・手足のしびれが、ひどくなった
・顔が歪んだような気がする、笑顔がうまくできない
・唇の形が歪んでいる
・姿勢が悪くなった
・肌がかさかさしてきた
・とりあえず体が変、すっきりしない

これらは入れ歯を作るときの噛み合せの前後、左右、高さの「ずれ」からきているものです。
正しい顎の位置から、「ずれ」たところでかみ合わしているのです。
これは、昨日今日に始まったわけではなく、歯が少しずつ無くなっていく過程でずれているのです。 また、歯の生え変わりの時点でずれている方もいます。

しっかり噛めると肉体的にも精神的にも安定します。
正しい顎の位置を探し、そこで噛める入れ歯を作る事が、きわめて重要です。
これが出来ないと、入れ歯は、まともに機能しないのです。

いえさき歯科では、その人固有の正しい顎の位置、上下の顎の位置関係を決めることに歯科医と歯科技工士が組んで取り組んでおります。

第1回目の歯型を歯科医がとり、その歯型を模型にして、歯科技工士が綿密に計測し分析するだけで上下の顎の位置関係すなわち咬み合せをほぼ決めることが出来ます。

その後は、分析結果に間違いが無いか口の中で実際に確認を行うだけです。
確認し決定した咬み合せで技工士が模型計測から元々の歯があった位置を割り出し、まず蝋で入れ歯を作り人工の歯を並べ仕上げて行きます。

蝋の入れ歯が出来上がったら、仕上げの段階で蝋を歯茎と同じ色をしたプラスチックに置き換えます。この段階でプラスチックが固まる時の縮みがとても大きくこの縮みを0にすることが極めて重要です。

私の医院では「ピタリフィット入れ歯システム」を採用し、この段階での収縮を0にすることを実現しました。その結果、ぴったり合った入れ歯を作ることが出来るのです。

いえさき歯科での入れ歯作りの行程

工程1 初診来院(約30分)

問診表にお悩みの状況等を記入してもらいます。
カウンセリングルームにてお悩みをじっくり聴かせていただきます。
お話をお聞きした上で必要な検査(レントゲン・検査用の歯型採りなど)を行います。
検査項目が多い場合2回目来院時になることもあります。

工程2 2回目来院時(所要時間約20分)

技工士が綿密に計測し分析の結果作り上げた土台をお口の中に装着し、咬み合せを確認します。

咬み合せの確認の段階でほとんどの場合上下がぴったり合います。

調整が必要なら調整を加え、ゴムを咬んでいただき咬み合せを決めます。
精密な歯型を採ります。

工程3 3回目来院時(所要時間10分~20分)

服にたとえると「仮縫い」のような状態の蝋で出来た入れ歯をお口の中に入れます。 前回決めた咬み合せが間違いないかどうか確認し、少しでもずれがあれば修正します。

修正は、きわめて簡単です。 歯並びが整っているか、唇と調和しているか、またお顔全体とのバランスはよいかを確認し、必要があれば修正します。

工程4 4回目来院時(所要時間 20分~30分)

さあ、いよいよ入れ歯が完成しました。
入れ歯を装着し必要あれば調整を行います。
通常、前回までに十分修正を行っていますので、あまり調整を必要としません。

工程5 5回目来院時(所要時間10分~20分)

数日間ご使用いただいたあと来院していただき、不具合があれば調整を行います。

今の入れ歯に満足できない、より満足したい入れ歯をお探しなら

当院では、ISO取得 材質を使用<最高品質>入れ歯の作成(フルオーダーメイドタイプ)も行っております。
保険適用外となりますが、保険適用内の入れ歯に比べ、「よく噛める」「痛みがすくない」「はずれない」「美しい」を実現した入れ歯です。
全世界で120万人以上が使用しています。今までの入れ歯に不満をお持ちの方にお勧めです。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP