タバコの害 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > 歯周病について > タバコの害

更新情報

タバコの害

2014.12.08

LINEで送る
Pocket

スモーカーズフェイスという言葉をご存知ですか?イギリス国営放送のBBCによって実施された実験で、顔がそっくりな22歳の双子の女性が協力し、片方がタバコを吸い続け、片方はタバコを吸わなかった場合の40歳時点の顔をシミュレーションした画像を作成したものです。それがこの写真!

喫煙 双子 BBC

同じ顔をした双子の40歳の顔の大きな変化に、喫煙の影響でどれだけ大きいのかがわかりますね。
また、年齢が若ければ若いほどに喫煙による影響は大きくなり、将来的に健康だけでなく美肌などの見た目的にもより大きな影響が出ます。
タバコが肌にこれほどのダメージを与える理由は、ニコチンによって血管が縮み、血液によって酸素と栄養分が運ばれにくくなることです(血行が悪くなり、顔色が悪くなる)。栄養失調と酸欠が同時に肌を襲っているわけです。
も1つの理由は、喫煙によってビタミンⅭが大量に失われ、コラーゲンが生成されなくなることで、肌の水分が少なくなり(肌の乾燥)、肌荒れ・ニキビ・しわ・シミなどが発生する原因になるわけです。
ちなみに、タバコ1本でレモン1個分(25~100g)ビタミンⅭが失われると言われています。
1日に1箱吸えばレモン20個分のビタミンⅭが失われることになります。特に女性にとって肌の劣化は大問題です。きつい言い方をしますと、喫煙しながら美肌を保つために化粧やサプリメントを利用することは、芸人の体を張ったギャグのようなものであるとわかりますよね。
タバコは、顔の皮膚だけでなく、歯ぐきにも大きい影響があるいことが知られています。長期間の喫煙が皮膚への影響と同じ理由で、ボディブロウのように効いて歯周病を顕著に悪化させ、しいては歯を失う原因になっています。

この記事のお問い合わせ先:

大阪市阿倍野区のいえさき歯科

電話06-6624-4500

HP:http://www.iesaki.net

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP