歯のメインテナンス | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > お知らせ > 歯のメインテナンス

更新情報

歯のメインテナンス

2015.01.22

LINEで送る
Pocket

もし、あなたが歯の痛みも、抜けたりすることもなく80歳になっても90歳になっても

自分の歯で何でもおいしく食べられて、自分の歯で笑うことができたなら

どんなに素晴らしい事でしょうか。

ましてや歯医者に行って歯を削ったり、神経を取ったり、抜歯することなく

一生を過ごせたら本当に幸せですよね。

しかし、実際はというと、日本人のほぼ100%の方が歯医者さんで

歯の治療を受けています。

8020運動というのはご存知ですか?

「80歳になっても20本自分の歯を残そう」という運動を厚生労働省や

歯科医師会が行っています。

20本という本数は、人間が入れ歯なしで何でもおいしくいただける目安の

本数といわれています。

8020達成率は、運動開始当初は7%程度(平均残存歯数4~5本)でしたが

厚生労働省の調査(2005年(平成17年)歯科疾患実態調査)によると

80歳~84歳の8020達成率は21.1%で、85歳以上だと8.3%にまで

伸びてきて、2007年(平成19年)に出された中間報告では

それを上回る25%を達成しました。昭和32年より6年ごとに実施されていて

最近の全国調査(2011年(平成23年)歯科疾患実態調査)では、

後期高齢者の37%達成してることが示され、今後も増加することが

予測されています。

日本人の平均寿命値(平成24年簡易生命表)は、男性79.9歳・女性86.4歳。

8020運動が開始された当初、「8020」を達成している

高齢者(後期高齢者:75歳以上)は10人に1人にも満たない状況でした。

しかし、その後「8020」達成者の割合は増加しています。

数年前までは歯医者さん=むし歯を治すところというイメージが強かった

ように思いますが、ここ最近では「むし歯」より「歯周病」という言葉を

よく耳にするようになりました。

歯を失う原因は、事故などを除いて「むし歯」と「歯周病」という予防法も

わかっている病気であって、決して老化ではありません。

ほとんどの方が歯医者にかかりながら80歳で7本しか自分の歯が残らないという

事実を考えますと歯に穴が開いたり、痛みがあったり、腫れたりした時だけに

歯医者にかかるのでは、「8020」は達成できません。

歯を長持ちさせる最も効果的な方法は、毎食後の歯みがきと歯科医院で行う

プロフェッショナル・ケアです。

プロフェッショナル・ケアとは例えていうなら、美容院で髪を洗ってもらう事と

同じです。いくら毎日しっかりと歯ブラシをしていても、歯と歯の間や

歯と歯肉の境目のところにはどうしても歯垢が残ってしまいます。

お口の中はご本人が直接見ることができません。

むし歯や歯周病も、歯垢が残りやすい歯と歯の間や、歯と歯肉の境目(歯周ポケット)から

進行していきます。

3カ月に一度くらいの割合で専門の歯科衛生士が歯ブラシや機械を使い

歯をクリーニングしていくのが、プロフェッショナル・ケア(別名PMTC)です。

PMTCをずっと続けている患者さんの中には、グラグラしていた歯が

動かなくなったり、抜かなければならないと諦めていた歯が何年ももっているという

症例もあります。

私達の医院でも、若い時期から予防のために歯科医院に通っている方は、楽々と

「8020」を達成されています。

車にも3ヶ月点検、6ヶ月点検があり、3年ごとに車検があります。

その都度、少し費用はかかりますが、オイル、タイヤ、その他の部品なども

こまめに変えていく方が格段に耐用年数延びますし、安全に乗ることができます。

歯はほとんど1日も休むことなく、死ぬまで一生働き続けますが

3ヶ月後との定期健診で耐用年数が何年も延びていくのです。

ですから、美容院のような感覚で歯医者さんに通って頂ける事が

歯を長持ちさせる重要なポイントとなります。

皆さんが「8020」を達成でき、いつまでも健康な歯で食べられるような

お手伝いが出来ればと思っています。

歯のお手入れはこちらへhttp://www.nishitanabe-iesaki-dc.com/

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP