キシリトールってなぁ~に?その3 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > お知らせ > キシリトールってなぁ~に?その3

更新情報

キシリトールってなぁ~に?その3

2015.02.10

LINEで送る
Pocket

キシリトールは、むし歯菌の母子感染を予防する事もわかっています。

むし歯菌は母親の唾液から、子どもに感染します。

一番感染しやすい時期は、生後6ヶ月~3歳の間で、この時期の感染予防が

虫歯予防には最も大切です。

母親が、出産後3ヶ月から2年間、キシリトールを1日3回とっていると

母から子への虫歯菌の感染予防が80%も抑えられる事が研究でわかっています。

母親自身のむし歯治療を完全に済ませるのはもちろんですが

家族全員がキレイなお口で赤ちゃんに接する事ができるように

キシリトールをおおいに活用しましょう。

ちなみに、ガムとタブレットでは効果が同じなのかというと

ガムには噛むことで唾液を出すことも期待できるので

効果は大きいと言えますが、最近の研究ではタブレットも

同等の効果があると言われています。

幼児やお年寄り、学校生活などでガムを噛むことができない場合は

タブレットを活用すると良いと思います。

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP