歯の根の治療について | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > 根の治療 > 歯の根の治療について

更新情報

歯の根の治療について

2015.02.22

LINEで送る
Pocket

歯の根の治療に丁寧に取り組んでいます。

歯の寿命はこれで決まる!と言っても過言ではない。歯を永く残すために最も大切な歯の根の治療(根管治療)とその全情報をすべて公開します。

 

歯の根の治療(根管治療)は、歯を永く使って行くために最も基本となる大切な治療です。にもかかわらず、長く時間がかかったりして口の中でこの歯医者は何をやっているのだろうかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。根管治療は歯の根の中を清掃・洗浄・消毒する治療です。しかし、実は根管治療によって歯の寿命が大きく影響されます。根管治療は歯を長期間残すために避けて通れませんので、正しい知識を患者さんに理解してもう必要があります。今回は、根管治療が必要な症状、治療法、痛みや回数まで全てをお伝えしますので、ぜひ参考になさって下さい。

konnkanntoiryou7

根管治療(こんかんちりょう)ってどんなもの?

歯の根の管を根管(こんかん)と呼び、通常、根管の中には神経が通っています。いわゆる歯に神経とよく言っているところです。虫歯が進行し神経まで達してばい菌が侵入して感染すると痛みが強くなり、その神経を取り除く必要があります。神経を取った後、根管内を消毒し、薬を詰めて細菌が入り込まないようにします。これを根管治療といいます。

どういう症状が出たら根管治療が必要なのでしょうか?

虫歯が深く進行し痛みが強い時

虫歯が進行し神経まで達するとしみたり、強烈な痛みが出ます。痛みを取るため歯に麻酔をし、神経を取ること(抜髄:ばつずい)をする必要があります。抜髄後、根管治療を行い根の中を完全に消毒します。

神経が死んでしまうとかんだ時に痛みが出る

虫歯が進行したり、打撲などで歯に大きい力がかかると歯の神経が死んでしまうことがあります。死んだ神経がばい菌に侵され腐ってしまい、その細菌が根の先まで達すると噛んだ時に痛みがでます。このような場合、腐った神経を取り出し、根の中を消毒して痛みを取る必要があります。

歯の根の先に膿が溜まった時

神経が死んで時間が経つと根の先に歯根嚢胞(しこんのうほう)といううみの袋ができます。症状が出ないことがほとんどで、レントゲンを撮った時に黒い影として見つけられます。そのまま放置するとさらにばい菌のせいで大きくなっていき、腫れや痛みが出ることがあります。ばい菌が原因なので、根の中を消毒します。

歯茎に丸いできものができた時

歯の根の先にうみが貯まると歯茎にぷくっとできものが出来ることがあります。根の先の膿の出口です。根管治療を行い、根の中を消毒することによって、白いできものは治っていきます。

歯茎が腫れて痛んだ時

根の先に膿が溜まっままでいると、疲れて体の抵抗力が下がった時に、歯茎が腫れ、痛みが出ることがあります。根の先に溜まっていた膿が急性化したためです。飲み薬などで腫れが引いた時点で、根管治療を行い、原因の細菌を消毒する必要があります。

根管治療のいえさき歯科でのステップ

根管治療とは、ばい菌によって汚染された根の中を針に似た細いやすり(ファイル)でこすり落として根の中を掃除し薬液や超音波を使って洗浄し、消毒薬を入れて密閉して細菌をいなくする方法です。少しでもばい菌が残ってしまうとそこからまたばい菌が増え、いつまでも痛みが取れなかったり、再発を繰り返してしまいます。

いえさき歯科では、根の長さを計りながら、器具の先端の位置を感知しながら、ファイルをゆっくり回転させながら使うことのできるデンタポートという機械や極めて洗浄効果の高い超音波洗浄器を用いて長くかかることの多かった治療期間を出来るだけ縮めるよう努力しています。

バリオスVA2-Handpice-comparaison-jp デンタポートshaping-main

 

回転するファイルは、定評あるデンツプライ社のプロテーパーを使用しています。

プロてーぱー1_1

●1本のファイルの中で2%~19%のテーパー変化(マルチプルテーパー)をもたせており、臨床的に柔軟性・切削効率が劇的に向上しました。細い根管や湾曲根管においても、少ない回数のファイリングで作業長まで到達することが可能です。●断面形状は外側に少し膨らんだ凸状の三角形(コンベックストライアングル)をしています。これにより、 ファイルと根管壁との接触面積を小さくできます。 らせんのピッチと角度のバランスをとって安全性を維持しつつ、切削効率を高めています。●シャンク長及び先端形状シャンクの長さは13mmで、臼歯部のアクセスがスムーズに行なえます。 ファイルの先端は切れない形状になっており、ファイルを根管に沿って導くガイドの役目をはたします。

STEP1根の中に細菌が入らないようにする

根の中に唾液や歯垢が入ってしまうと、いくら消毒してもばい菌が入り、いつまでも痛みが取れなかったり、再発を繰り返してしまいます。いろいろな防湿法を用いて、唾液の中の細菌が根の中に入らないようにして治療を行います。器具や道具は、ばい菌の一切ついていない滅菌・消毒されたものや使い捨てのものを使うことになります。

konnkanntoiryou1

STEP2歯の神経を取り残さないようにする

歯の神経の管は歯によっても、人によっても本数が違います。歯の神経治療の時この管を1本でも見逃してしまうと痛みの原因になります。神経の管は前歯と小臼歯で1~2本、大臼歯は1~4本となり、またさらに細い管は、網の目のような構造なのでこの一本一本を丁寧に消毒する必要があります。

konnkanntoiryou2

STEP3根の中の形を整える

歯の神経の管はただの丸い形ではなく、楕円、三角、とゆ状、二股など、とても複雑な形をしています。この複雑な根の中を小さな入り口から消毒し、消毒しやすく根の中に入れる薬が入りやすい形に整える必要があります。洗浄しながら形を整えられる超音波洗浄器(バリオス)がこの時重宝します。ドリルを使わないので安全です。

konnkanntoiryou3

 

STEP4緊密に薬を入れいる

歯の根の管を完全に消毒した後にガッタパーチャ(ゴムのような薬)を緊密に詰めます。歯の神経がなくなった歯は再感染しやすく、管の中に空気が入ってしまうと痛みや再感染の原因となるためガッタパーチャという(歯科で100年使われている安全な)天然樹脂を緊密に詰めて、細菌の住みつく場所をなくしてしまいます。

konnkanntoiryou4

STEP5レントゲンで確認する

歯の根の中に薬を入れた後、根の先までしっかり薬が入っているかレントゲンで確認します。途中までしか入っていなかったり、空気が入ってしまった場合は痛みが出たり、再感染を起こすことがあるので再度入れ直します。

 根管治療では治らなかった場合の治療法

 根管治療、歯の根の清掃・洗浄・消毒(いわゆる内科療法)だけで根の中あるいはその周辺のばい菌が完全除去できず、症状が残った時、頻度は低いですが以下のような外科療法を行うことになります。

歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)

根管治療で歯根嚢胞や膿が止まらない場合や根が曲がっていてファイルが先まで届かない、土台が入っていて取ろうとすると根が割れてしまう危険がある場合などは、麻酔をし歯茎の方から切開を入れ歯根嚢胞を取り出します。根の先の一部を切断し、裏側から薬を詰めて細菌が感染しないようにします。歯根嚢胞を取り出した後は自然に骨ができてきます。

再植術(さいしょくじゅつ)+歯根端切除術

奥歯など骨が厚い時は、歯茎の方から歯根端切除術ができない場合は、麻酔をして一度歯を抜きます。抜いた穴から歯根嚢胞を取りさり、また歯を戻す再植術をします。根が曲がっていたり抜歯の時に歯が折れてしまう危険がある場合には出来ないときもありますがチャレンジします。

ヘミセクション

奥歯には根が2本から4本ありますが、そのうちの1本を歯根嚢胞と一緒に抜歯します。部分抜歯をすることによって他の根を助かることができます。残った根を使って被せたり、ブリッジの土台にすることもできます。

根管治療の痛み

根管治療最中の痛み

痛みを強く持たれている方ひは麻酔をして根管治療を行います。根の中に汚れを残したままだと、痛みが取れなかったり、再感染を起こし、再度根管治療を行わないといけなくなってしまいます。そのため麻酔をし、痛みをなくして治療を行います。

根管治療後の痛み

根管治療をした後、痛みが出る場合があります。これは根の先に膿が溜まっていて根管治療をしたことによって、体が膿を外に出そうとしている状態です。場合によっては歯茎が腫れて痛みが出ることがあります。腫れが強い場合は膿を出す処置を行います。

膿を出す処置

膿の出口を作ります。根管治療をしている根の中から膿が出るよう蓋をせずオープンしておきます。そこから出ない場合は歯茎を切開し膿を出します。その後抗生剤や鎮痛薬をのんで腫れや痛みを取ります。

根の中に薬を詰めた後の痛み

根の中を消毒した後、根の中に薬を詰めます。この薬は根の中に空気が入らないように緊密に詰めるため圧をかけながら行います。根のすぐ下の骨の中に圧が残るため、薬を詰めた後に痛みが出ることがあります。数時間から数日で治まることが多いですが、痛みが強ければ痛み止めをのむようにして下さい。

根管治療後も痛みが長期間つづく

根管治療終了後でも鈍い痛みが長期間続く方がいます。根の先に小さな亀裂が入っていたり、直りのわるいです。いつまでも根管治療を続けていると逆に細菌が中に入ってしまい悪化しやすくなります。根の中がきれいになっていることを確認し、薬を詰め、外科的な処置を検討するか、そのまま経過をみるか決める必要があります。

根の治療の難しいところです。

根管治療の回数について

治療法に改良を加え根管治療の回数は、出来るだけ少なくする努力をしています。

1〜3回かかる人

歯の神経の治療の90%は1〜3回で終わります。初めての神経の治療をする歯は、3つのことをします。①歯の神経を取る②消毒する③お薬を詰めるです。そして歯の神経の管は1〜4本あり、この3つの治療を全ての管に行うため、管の数が多いほど時間がかかります。例えば前歯や小臼歯は神経の管が1、2本なので1、2回、大臼歯は3、4本なので2,3回かかります。

初めての歯の神経の治療の時に細菌が神経の管に残ってしまうと、何年かしてからやり直さなくてはいけなくなるので、歯の神経の治療は初回が重要なのです。だから神経を取る処置は、いつも真剣勝負です。

4~5回かかる人

歯の神経の治療の7〜8%は4,5回かかります。少し難しい部類のものです。初診の段階でどのくらいかかるものか目安をお伝えするよう努めています。初めの歯の神経の治療がうまく行かず、根の先に膿がたまってしまったり、歯の痛みを我慢してそのままにしていたら神経が死んで、根の中が腐ってしまったりすると、根の中を消毒するのに時間がかかってしまいます。

6回以上かかる人

歯の神経の治療の2〜3%は6回以上かかります。お口の中の細菌が歯だけではなく、顎の骨まで広がっていたり、根管が複雑な形をしていると、消毒するのに時間がかかります。

かなり難しい部類のものです。こういう根っこは、症状が取れてから時間を要するので、出来るだけ頻繁に触らないようにして、水酸化カルシウムという消毒作用の強い薬を長期間2Wから1M作用させておいておくことも多いです。

根管治療中、患者さん自身が注意することは?

治療中の歯で噛まないようにする

根管治療中は歯の内面がむき出しとなりとても弱くなっています。そこに力が加わると仮のふたが取れたり、歯が欠けたり、割れてしまうこともあります。根管治療中の方はできるだけ噛まないようにする必要があります。

治療の間隔を空け過ぎない

神経の治療をしている途中に歯医者に行けなくなって、時間が空いてしまうと、仮の蓋のすき間からお口の中の細菌がどんどん入り、周りの骨を溶かします。歯だけではなく周りの骨も治るのを待たなくてはいけないために多くの時間がかかってしまったり、抜歯をしなくてはいけなくなることがありますが、封鎖性のよい蓋をしておけばこの限りではありません。

根管治療後の歯の変化

変色・歯の色が黒ずんでくる

神経を取ってしまった歯は、歯が死んだ状態になります。死んだからと言ってすぐに悪くなるわけではありません。木と同じように枯れ木になってから何年も立ち続けます。しかし、生きている歯は再生し続けますが、死んでしまった歯は時間とともに、歯の中に老廃物が溜まり黒ずんでいきます。

破折・歯が割れやすくなる

歯の神経がなくなると歯の中の水分がなくなり、歯はもろくなってしまいます。特に奥歯は噛む力が60kg程度かかりますので、歯が割れやすくなります。そのため寿命は生きている歯より短くなります。

再発しやすい

根管治療をした歯は根の先の膿が再発することがあります。根管治療の成功率は80%程度です。2回目、3回目となるとさらに成功率は落ちてきます。出来るだけ神経を残すこと、1回目の治療できちんとした治療がされることが必要となります。

最後に

どうです、理解を深められたでしょうか?根管治療は被せものなどとは違い、患者さん本人には何をやっているのかよく判らないものです。口の中でなんかしているなって感じですが、歯を長期間残すにはほんとに最も重要な治療になります。根管治療を成功させるために歯科医と本人の理解と協力が欠かせないものとなります。少しでも不安や疑問があれば、ご質問いただければ有難いです。

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP