初期のむし歯 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > Q&A > 歯周病 Q&A > 初期のむし歯

更新情報

初期のむし歯

2015.03.10

LINEで送る
Pocket

初期のむし歯だけど削らずに様子を観ましょうということがあります。

患者さんからは、「治療しないで本当に大丈夫なんでしょうか?」と言われます。

初期のむし歯とは、歯の表面が少し溶けてむし歯が始まりかけている状態を

「CO(要観察歯)」といいます。

自覚症状はなく、歯が部分的に白っぽくなったり、歯の溝に茶色い着色が

見られるのが特徴です。

こうした初期のむし歯なら、手入れがよければ進行を抑えることができ

唾液の力によって修復されることがわかってきました。

初期むし歯を進行させるかどうかは、お口の中を清潔に保つ毎日の努力と

定期的な歯科医院での検診や歯のおそうじにかかっています。

歯は一度削ってしまうと、元には戻ることはない宝物です。

まだ間に合う今のうちに歯科医院での定期健診や、ブラッシング指導

フッ素塗布などを受けに来て下さい。

気になる方はいえさき歯科ホームページをご覧ください♪

ttp://www.nishitanabe-iesaki-dc.com/

 

 

 

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP