歯が汚く見える原因は? | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > お知らせ > 歯が汚く見える原因は?

更新情報

歯が汚く見える原因は?

2015.03.24

LINEで送る
Pocket

自分の歯が汚く見えるのではないかと心配になっている方

いませんか?

毎日歯を磨いているのに、歯が汚く見られてしまうと残念ですよね。

汚く見える原因は着色や歯並びまで多くあります。

歯が汚く見えてしまう8つの原因をお伝えします。

1.ステイン(着色)が付いている

紅茶・コーヒー・カレー・ワイン・タバコなどのステインによって

歯が汚く見えてしまうことがあります。

ステインは歯磨きだけではなかなかきれいに落とすことができません。

爪や髪をプロが手入れをすればきれいになるように

歯医者で歯科衛生士がクリーニングをするときれいな歯になります。

2.歯石が付いている

歯石によって覆われている歯はとても汚く見えてしまいます。

歯石には黄白色のものと黒褐色のものがあります。

歯だけでなく歯茎も汚く見えたり、歯石や汚れがあることにより

口臭がでたりして不潔な状態です。

歯石をきれいに落とせば、清潔感のあるきれいな歯になります。

3.歯が黄色いと汚く見える

永久歯は黄色がかった色をしています。汚く見えるわけではありませんが

ホワイトニングをした歯や白い被せ物をした歯と比べると

汚く見えてしまうかもしれません。

より歯をきれいにしてみたい方は、歯のホワイトニングをお勧めします。

4.被せた物が劣化している

保険のプラスチックの被せ物は2、3年ほど経つと黄色く変色してきます。

そして土台に金属を使っているために、根元や歯茎が黒くなり

汚く見えてしまいます。

機能的には問題はありませんが、歯をきれいにするには変色や劣化する

金属を使わないオールセラミックなどの治療をお勧めします。

5.むし歯で汚く見える

前歯が虫歯で穴が開いていたり、黒くなっていると歯が汚く見えます。

前歯は歯と歯の間から虫歯になりやすく、気づかずに進行して

急に穴が開いてしまうこともあります。

小さい虫歯であればプラスチックの詰め物で1回で治せるため、

虫歯が広がる前に歯医者で治療をしてください。

6.歯の神経がしんでいる

歯の神経が死んでしまうと、歯が黒くなったり、歯が欠けやすくなったりして

歯が汚く見えます。

神経が死んでしまった歯は、歯の中に血液が流れなくなり

徐々に黒ずんできます。ホワイトニング剤を入れて白くする方法や、

セラミックなどの被せ物を被せてきれいにする方法があります。

7.銀歯が多いと汚く見える

口に中に銀歯があると汚く見えます。歯の色は本来白に近い色なので

銀歯があると口の中が暗くなり、汚く見えてしまいます。

小さい銀歯であればプラスチックの詰め物で、大きなものはセラミックなどの

詰め物で治療すると、白くできるので口の中全体がきれいに見えます。

8.歯並びが悪いと汚く見える

歯並びが悪いと歯が汚く見えます。日本ではまだ八重歯が

可愛いと思っている方も多いのではないでしょうか。

この場合は矯正やインビザラインなどで歯並びを良くする事で

口もとの印象が変わり顔全体の印象も変わって明るく見えます。

自分の歯が汚く見られているのではと心配な方は

歯医者で相談してみて下さい(*^_^*)

きれいにする方法は色々あります♪

保険内で行えるものから、期間や費用をかけて

しっかり治すものまであります。

相談することによって解決策が生まれるかもしれません。

ご相談はこちらへ

http://www.nishitanabe-iesaki-dc.com/

 

 

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP