歯周病の症状と進み方 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > Q&A > 歯周病 Q&A > 歯周病の症状と進み方

更新情報

歯周病の症状と進み方

2015.04.10

LINEで送る
Pocket

pmtc_img05pmtc_img06

『歯肉炎』

歯ぐきだけの炎症で、赤く腫れ充血し、ときには出血したり

ただれたりします。

プラークコントロールをきちんとすれば、ほとんどの歯肉炎は

治癒します。しかし、治りにくい場合には、その原因を

突き詰めて治療を受けなければいけません。

『初期の歯周炎』

歯ぐきの炎症が進み、浅いポケットができるものです。

歯を支える歯槽骨の破壊もはじまります。

歯石が沈着している事も多く、定期的に除去する事が必要です。

『中期の歯周炎』

歯槽骨の破壊が進み、歯がグラグラと揺れ、硬い物が

噛みにくくなります。

歯ぐきはブヨブヨして膿が出て、口臭もひどくなります。

きちんと治療をすれば抜かずにすみます。

『後期の歯周炎』

歯を支える骨がほとんど無くなり、歯の根が露出します。

歯は物が噛めないほどグラグラ揺れて、最後には抜け落ちて

しまいます。このような状態にならないように、定期的な検査が

必要です。

皆さんのお口はどうですか?

小さいころから歯は丈夫だった方、歯医者さんに行く機会もなく

大人になった今も大丈夫だと安心していませんか?

知らないうちに歯周病が進行しているかもしれません。

一度、検診を受けてみて下さい(*^_^*)

検診はこちらへhttp://www.nishitanabe-iesaki-dc.com/

 

 

 

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP