「歯が命」なのは芸能人だけじゃない! | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > ホワイトニング > 「歯が命」なのは芸能人だけじゃない!

更新情報

「歯が命」なのは芸能人だけじゃない!

2015.04.16

LINEで送る
Pocket

3Dプリンターってご存知ですか?

3Dプリンターさえあれば、物体を3次元的にコピーし

全く同じ形状のものを新たに作りだすことができます。

3Dプリンターは、現在さまざまな分野での応用が期待され

歯科の世界でもすでに応用されています。

今回は3Dプリンターがどのように歯科治療に用いられているのか

詳しくお話ししていきたいと思います。

歯科治療に用いられる3Dプリンターとは?

歯科治療に用いられている3Dプリンターのようなものといえば

CAD/CAM(キャド・キャム)と言われるシステムです。

CADとはコンピューターで設計図を作製すること

CAMとはその設計をもとに、機械が削り出すことを

それぞれに意味しています。

簡単に言うと、コンピューター上で再現した歯の被せ物を

機械が削り出すシステムなのです。

CAD/CAM(キャド・キャム)の利点

CAD/CAM(キャド・キャム)システムの出現により

従来は、技工士さんが全て行っていた手作業をコンピューターが

行えるようになりました。

そのため、より精密な被せ物を短時間で作製することが

できるようになりました。

人件費がかからなくなったため、みなさんの金銭的負担を

減らすことができるようにもなりました。

CAD/CAM(キャド・キャム)で作られる被せ物は

金属を使用していないため、審美性に優れ、金属アレルギーの方も

安心して装着することができます。

色の種類も豊富で、より自分の歯に近い自然な被せ物を

いれることができます。

さらに、コンピューター上にデータを残しておけるため

出来上がった被せ物の色が気に入らないなどの理由で

再度作り直すことになってしまっても、そのデータをもとに

すぐに作り直すことができます。

CAD/CAM(キャド・キャム)の欠点

以前に比べるとだいぶ価格を抑えているとはいえ自費治療の為

まだまだ高額であるということ。

金属を使った被せ物に比べると強度が劣る為、被せ物の厚みを

確保する必要があるので、歯を削る量が多くなること。

これらが欠点としてあげられます。

また、CAD/CAM(キャド・キャム)システム自体が高額なため

取り入れている歯科医院が限られていますが、平成26年4月より

保険適用のCAD/CAM(キャド・キャム)が導入され

1本約8000円でできるようにもなりました。

詳しくはこちらへhttp://www.nishitanabe-iesaki-dc.com/

歯の被せ物はどれぐらいの強度があればいいの?

実は、「歯の被せ物は強ければ強いほどいい」というわけでは

ないんです。

被せた物があまりに強すぎると、被せた歯と咬み合う自分の歯が

削られてしまったり、さらには被せている歯自体が割れて

しまうこともあるんです。

ちなみに、最も適した強度とされているのはオールセラミックスで

これは天然歯とほぼ同じ強度を示しています。

保険適用のものは、ハイブリッドセラミックスと呼ばれる

強化プラスチックです。

セラミックという名称が付いてはいますが、材質的には

陶器ではなくレジン(プラスチック)です。

「笑ったときに金属の被せ物が見えてしまって

 大きな口を開けて笑えない。」

「被せ物の色が自分の歯に合っていないような気がする。」

なんて方は、一度相談しにきてくださいね(*^_^*)

みなさんがいつまでも、キレイな白い歯で

笑顔のステキな方でいられますように・・・

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP