歯のエックス線診査って人体に害は? | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > Q&A > 歯のエックス線診査って人体に害は?

更新情報

歯のエックス線診査って人体に害は?

2015.05.01

LINEで送る
Pocket

エックス線検査は目で直接見ることのできない

歯の中やアゴの骨の診査・診断を可能にしました。

治療経過を確認する上でも欠かせません。

それでは、1回の歯科治療におけるエックス線診査で

どれくらい被曝するのでしょうか?

NPO法人日本歯科放射線学会によると

一般的なパノラマ撮影

(お口の中全体を1枚のレントゲン写真として撮影する方法)では

0.04m㏜(ミリシーベルト)で、通常の局所撮影ではそれ以下です。

これは集団検診などで撮影する胃のレントゲン写真の放射線量の

100~400分の1程度。

歯科医院で撮影されるエックス線写真の安全性は高いと

言えるのではないでしょうか。

厳しい基準を設けていると言われる欧州放射線リスク委員会(ECRR)

では、年間許容被曝線量を0.1m㏜としています。

歯科医院でエックス線撮影を受けても、この許容量に

達することはありません。

妊娠中の女性の場合でも妊娠全期間を通じて

歯科医院で撮影するレントゲン写真は安全であると言えます。

ただし、妊娠に気付いたらもちろんレントゲン写真の撮影は

最小限にとどめるべきであるということは言うまでもありません。

実は私たちは、通常の生活を送っていると、宇宙線、地殻からの

放射線を浴びています。

世界の平均被曝線量は、2.4m㏜で日本ではそれ以下と

言われています。

こうした事例からも歯科医院での医療被曝の少なさがわかります。

 

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP