こどもの歯のお話し「乳歯時期からつくられる永久歯」 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > お知らせ > こどもの歯のお話し「乳歯時期からつくられる永久歯」

更新情報

こどもの歯のお話し「乳歯時期からつくられる永久歯」

2015.05.14

LINEで送る
Pocket

子どもの「歯」はお母さんのお腹の中にいる

胎児の頃からすでに準備・成長し始めています。

なんと、生まれてからは乳児の頃から乳歯だけでなく

永久歯も準備・成長していることをご存じでしょうか。

乳歯は生後6カ月頃から生え始めます。

この時、生え始めた乳歯の奥では永久歯の準備が

始まっているのです。

顎の中では、長い時間をかけて乳歯と永久歯が成長していきます。

離乳食が始まるころから、次に生えてくる永久歯のことも考えて

バランスの良い食事を心がけたいものですね(*^_^*)

特に歯の外側のエナメル質が作られるとき(石灰化の時期)には

カルシウムやリン、ビタミンDを必要としますので

牛乳や小魚、豆類(豆腐・納豆)、小松菜、ひじき、シイタケ等

離乳食のメニューに取り入れて、丈夫な歯を作りましょう。

丈夫な歯を作ることが、丈夫な永久歯につながってるとも言えます。

もちろん生えてからのケアも欠かせません。

乳歯を無駄にしないように、砂糖を控えた食事とおやつで

子供たちの歯を守りましょう!

 

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP