6歳臼歯がむし歯になりやすいのはどうして? | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > お知らせ > 6歳臼歯がむし歯になりやすいのはどうして?

更新情報

6歳臼歯がむし歯になりやすいのはどうして?

2016.03.22

LINEで送る
Pocket

6歳臼歯は、6歳前後になると一番奥に生えてくる永久歯です。

第一大臼歯ともいい、永久歯の中では1番か2番に生えてきます。

乳歯よりも背が低くく歯の溝が深いので、歯ブラシが届きにくい

ため、汚れがたまりがちになります。

そうすると、むし歯になるリスクが高いというわけです。

完全に生えるまで約3か月、上下の6歳臼歯が噛み合うまでには

約1年半かかります。

永久歯ですので生え変わる事はなく、6歳頃から生涯使い続け

なければいけないので、予防が第一です!

おやつなどのダラダラ食べをしないようにし、食べたら磨く習慣を

つけるようにしてください。

6歳児はまだ大人のように丁寧に磨く事が苦手です。

大人が仕上げ磨きをするように心がけてあげて下さい。

道具も色々ありますので、うまく仕上げ磨きができない

のであれば相談にきてください♪

歯科医院のケアとしては定期的な健診とフッ化物の塗布や

溝をコーティングするシーラントと言われる治療があります。

きちんと予防対策をしてお子さんの歯を守ってあげて下さいね(^^)/

 

 

 

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP