ファイバーコア | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > Q&A > 無痛治療 Q&A > ファイバーコア

更新情報

ファイバーコア

2016.06.16

LINEで送る
Pocket

歯の神経の治療を行った後、歯の神経を失った歯は

もろくなり割れやすくなります。

しかし、歯の神経を失った歯でも強化し、長く使える方法が

あります。それは、『ファイバーコア』です。

ファイバーコアは歯と一体となり、神経を失った歯の寿命を

延ばしてくれます。

『歯の土台とは』

歯の土台とは神経を治療した歯が割れないようにするために

補強する材料です。

神経がない歯は水分が抜け乾燥し、割れやすくなります。

そのため歯の内部を割れにくい材料である土台(コア)で

埋めてから、銀歯や白い歯を被せ歯の寿命を伸ばすようにします。

そこで、歯の土台にする材料としてファイバーコアがあります。

ファイバーコアはグラスファイバーの芯と

強化プラスチックによって作られる歯の土台です。

ファイバーコアの最大の利点は歯と一体となり

歯の破折を防ぐことです。

神経がなくなってしまった歯は割れる可能性が高まります。

歯が割れてしまうと抜歯をしなくてはいけなくなります。

そのためファイバーコアで歯に強度と粘りを加え

歯を割れにくくするのです。

そしてもう一つの材料として保険診療で行われる

銀合金の土台があります。

銀合金は歯や歯茎に浸透し黒くなったり、歯を削る部分が多い為

歯が割れやすくなったりします。

そのような銀の土台の悪影響を防ぐためにファイバーコアが

使われるようになっています。

以前、ファイバーコアは自費治療でしたが

昨年の10月から保険適応になりました。

今回は歯の土台をファイバーコアにしたほうがいい

5つの理由をお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

☆歯の破折を防ぐことができる

ファイバーコアは歯に強度と粘りを加えることがで

神経がなくなった歯でも割れにくくできます。

銀の土台は歯にとっては硬すぎて、銀の土台が原因で

歯が割れてしまうことがあります。

ファイバーコアは歯と近い強度のため歯と一体となり

全体として歯を強くすることができます。

☆歯の変色を防ぐことができる

ファイバーコアは色が白いため歯を変色させることがありません。

銀の土台は銀の黒い成分が歯に溶け出し

歯の根が黒ずんできます。

銀の成分が浸透した歯の根は黒く見え、虫歯のように

見えてしまいます。

そのためファイバーコアで治療することによって

歯の根の変色を防ぐことができます。

☆歯茎が黒くならなくて済む

ファイバーコアは金属を使わないために金属の成分が

漏れ出すことがありません。

銀の土台を入れると銀の成分が歯だけでなく

歯茎まで浸透し、歯茎が黒くなってしまうことがあります。

この歯茎の黒ずみは刺青のようになり、綺麗にするには

歯茎の移植が必要となります。

そのため特に前歯の治療ではファイバーコアで治療をお勧めします。

☆歯に穴が開かなくて済む

ファイバーコアは残っている歯の根の削る量を少なく

することができます。

銀の土台は、作るための型取りや作製上ある程度の太さが

必要になります。そのため薄くなっている歯の根をさらに

削る必要があり、場合によっては歯の根に穴が

開いてしまうことがあります。

☆金属アレルギーにならなくて済む

ファイバーコアは金属を使わないため

金属アレルギーの原因になりません。

ファイバーコアはグラスファイバーの芯と

強化プラスチックでできた歯の土台です。

金属を使わないために歯の破折や変色、歯茎の変色を防ぎます。

 

私たちの歯は、原則的に再生することはありません。

虫歯で溶けてしまった歯、治療で削ったエナメル質や象牙質は

もう二度と元には戻りません。

ですから、今ある歯質を一生使い続けなければならないのです。

そう考えると、歯科治療で削る歯質の量は

できる限り少なく抑えたいものです。

メタルコアとファイバーコアでは、切削する歯質の量が

明らかに異なります。

ファイバーコアの方が、切削量が著しく少ないため

メタルコアで治療を行った場合よりも、歯の寿命を

長くすることが可能です。

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP