お口の運動「あ・い・う・べ体操」 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > Q&A > お口の運動「あ・い・う・べ体操」

更新情報

お口の運動「あ・い・う・べ体操」

2016.11.17

LINEで送る
Pocket

皆さんの周りにいつも「ポカン」とお口を開けている人は

いませんか??

口呼吸をしていると、乾いた空気が直接気管や肺に入るため

細菌やウイルスに感染しやすくなります。

ヒト本来の鼻呼吸に変えれば、鼻がフィルターと加湿器の

両方の役目を果たし、さまざまな病気を予防することができます。

そこで紹介したいのが、お口の運動「あ・い・う・べ体操」です。

口や舌を支える筋肉を使うことで、口呼吸を直すことができます。

「あいうべ体操」の方法は・・・

①「あー」と口を大きく開く

②「いー」と口を大きく横に広げる

③「うー」と口を強く前に突き出す

④最後に「べー」と舌を出して伸ばす

この4つの動作を1日30回繰り返すだけ。

声は出しても出さなくてもかまいません。

この体操を提唱しているのは、今井一彰医師(福岡県みらいクリニック)

です。今井医師が健康指導する同県の春日市立須玖小学校では

2008年から「あいうべ体操」を導入。

それまで4割近くだったインフルエンザの感染率が激減し

16年には5%以下になったといいます。

鼻呼吸を習慣付ければ、免疫力も高まり、あらゆる病気の改善に

つながります。

現代の医学では原因がはっきりと解明されていない

関節リュウマチやアトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく

潰瘍性大腸炎、うつ病にも効果があったという報告もあります。

また口を閉じることで唾液による歯の再石灰化を促し

むし歯予防にもなります。それだけではありません!

この体操を続けていると口角(口のきわ)がキュッと上がって

若々しくなり、小顔になる効果もあるようです。

お金も薬もいらない「あいうべ体操」(*^_^*)

ぜひ家族で実践してみてくださいね♪

インフルエンザはこれからが本番です!!しっかり鼻呼吸を身に付け

感染予防に取り組んでください(^^)/

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP