MFTってどんなことをする治療なの? | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > Q&A > 小児歯科・矯正 Q&A > MFTってどんなことをする治療なの?

更新情報

MFTってどんなことをする治療なの?

2018.04.19

LINEで送る
Pocket

MFT治療は低年齢から始め、骨格から治す治療法です。

低年齢から始めると、歯並びが悪くなる原因から

治すことができます。

歯並びが悪くなる原因のほとんどがアゴが小さいことです。

そのせいで、永久歯が混み合ってガタガタに生えてきたりします。

低年齢から矯正する事でアゴが小さいという原因から

治すことができ、さらに出っ歯や受け口も成長を利用して

キレイに治すことができます。

骨格から治すことができるので、顔立ちが美人・男前になり

歯を抜く確率も下がります。

歯並びの悪いお子さんの傾向として

鼻炎、鼻づまり、鼻アレルギー

口呼吸、口臭、いびき、睡眠時無呼吸、寝相が悪いなどがあり

また、下アゴが後退してる子供さんも多く

下アゴを前に移動してあげることにより

気道が広がることで、ぜん息やアトピーもかなり改善します。

さらに上下のあごが大きくなるので、舌が動きやすくなり

滑舌も良くなります。

子供は大人をそのまま小さくしたわけではなく、年代によって

成長している部分と未発達な部分があります。

ですから、トレーニングをそのまま子供に与えるのではなく

年代に応じて考えてあげる必要があります。

 全身の健康にも有効で、アゴが大きくなることにより

鼻の通りがよくなり、口呼吸が鼻呼吸に変わりそのことによって

身体全体が健康になります。

まずは歯医者さんに来て下さい

状態を見せていただきお子さんに合った方法、トレーニングを考え

一緒に練習して、お口の周りの筋肉や舌の筋肉を

正しいバランスにしていきましょう。

正しいバランスを獲得できたら、自然と歯並びはよい方向に動き

安定していきます。

MFTとは正しい癖をつけて、お口の周りのバランスを整え

綺麗かつ機能的になる運動なのです。

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP