子どもの歯 健康づくりの第一歩 | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > お知らせ > 子どもの歯 健康づくりの第一歩

更新情報

子どもの歯 健康づくりの第一歩

2018.09.21

LINEで送る
Pocket

「よく噛む」ことは健康づくりにおいて重要な役割を果たしています。

■食べ物を消化・吸収しやすくする

■脳を活性化させて発達を助ける

など、噛むことの効用はたくさんあります。

「よく噛む」ために一番大切なことは、当然ながら歯を失わないことです。

小さい頃から将来を見据えてむし歯・歯周病予防に取り組むことが重要です。

 

乳歯は生後6~8ヶ月頃から生え始めます。むし歯予防のスタートです。

ガーゼで歯を拭ったり、毛先のやわらかい歯ブラシを軽く当てたりするなどして、歯を磨くよう習慣つけましょう。

 

乳児期のむし歯は、甘味飲料(イオン飲料等)が原因となることが少なくありません。歯の生え際が白く白濁してきたら要注意。

歯科医院でフッ化物を塗布してもらい、再石灰化を促しましょう。

乳歯は3歳頃に生えそろいます。自分で歯を磨きたがる年頃ですが、まだ上手に磨けません。1本1本丁寧に仕上げ磨きをしてあげてください。

歯磨きとともに、「よく噛む」習慣をつけて、みんなで健康づくりに取り組んでくださいね。

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP