口の病気と全身の関係は?? | 阿倍野区 西田辺の歯科・歯医者
歯周病・虫歯治療なら、西田辺駅から徒歩3分のいえさき歯科

電話 電話

西田辺の歯科・歯医者 いえさき歯科 > お知らせ > 口の病気と全身の関係は??

更新情報

口の病気と全身の関係は??

2018.11.09

LINEで送る
Pocket

むし歯や歯周病は基本的には細菌感染ですので、これによって全身の健康を損なうことがあります。

なかでも、もともと心臓病があったりする場合には、その程度によって抜歯などの手術をしてはいけない場合や、術前から抗菌薬を飲む必要があることもあります。

①感染症性心内膜炎

むし歯や歯周病、抜歯後に血液中に入った細菌などが心臓や大血管、弁に炎症を起こし、感染巣を生じた部分では弁膜の破壊や敗血症が起き、ときには心不全や梗塞などを合併し、命に関わることがあります。

②糖尿病

歯周病は糖尿病の合併症の一つで、毛細血管が弱いため、感染への抵抗力が弱いのです。

③肺炎

高齢者の方が歯周病の細菌を吸い込むと誤嚥性肺炎を起こしやすい。この肺炎は現在死亡率の上位です。

 

・むし歯や歯周病から菌が血液中に入ることが多いので、普段から歯磨きし、むし歯や歯周病を予防しましょう。

・抜歯後や小手術に出された抗菌薬は必ずしっかり飲みきりましょう。

・とくにもともと心臓病がある場合には、医師に必ず相談してください。

寝たきりの方の介護では、お口の中を清潔にしてあげましょう。

LINEで送る
Pocket

一覧へ

PAGE TOP