小児歯科

小児歯科について

歯を健康な状態で維持するには、日々のケアが大切です。そのためには幼少期に歯を正しくケアする習慣をつけることが重要です。小さいうちから正しい歯磨きの方法を身につけることで成人後も虫歯や歯周病になる確率を下げることができます。また、乳歯の虫歯予防は永久歯の歯並びにも影響します。小児歯科では正しいケアの習慣を身につけられるよう、定期的な検診や歯磨き指導も行っております。

虫歯にさせないための治療

虫歯に強い歯を作るフッ素塗布

虫歯の予防処置としてよく用いられているのがフッ素です。フッ素を塗布すると歯の再石灰化を促進させ、虫歯に強くさせる効果があります。
特に乳歯などは虫歯菌による酸には弱いため、フッ素塗布によって予防することが大切です。当院では濃度の高いフッ素を直接歯に塗ることで処置しております。

歯を削ることなく予防できる シーラント

奥歯は歯ブラシで磨きにくいだけでなく、溝もあるため虫歯ができやすいです。そこで、その溝を埋めることで虫歯予防を行うのがシーラントと呼ばれる予防処置です。シーラントでは、プラスチックの樹脂にフッ素を配合したものを使用します。歯を削らない、そして治療時に痛みも生じないというメリットがあります。

シーラントはまだ虫歯になっていない歯に対して、虫歯予防をするという意味では効果的な処置方法といえます。
しかしこれを施したからといって歯磨きを怠ってはいけません。歯間や歯茎の隙間などから虫歯になる可能性があり、日々のケアは欠かせません。またシーラントが剥がれ落ちることもあるため定期的なメンテナンスは欠かせません。お子様の虫歯予防や歯磨きの方法などについてお悩みがあればご相談ください。

ご自宅でできるセルフケア

お子様の虫歯の原因には大人の虫歯にはない特徴があります

乳歯は虫歯ができやすいです。
乳歯の場合、エナメル質や象牙質が薄く、永久歯に比べて自分の歯を守る力が弱いためです。さらに痛みが生じにくいという特徴もあります。そのため自覚症状がないまま虫歯が進行してしまうことが多いです。
歯痛を訴えていないときでも気を配り、セルフケアや定期的なチェックを続けることが大切です。

ブラッシング

虫歯予防の基本はプラークを落とす正しい歯磨きを行うことです。お子様の虫歯予防のために、磨き残しのないよう、歯の正しい磨き方を教えてあげましょう。歯磨きを嫌がるケースも多いですが、歯を磨く習慣をつけられるよう時間をかけて親子で取り組んでいきましょう。

栄養バランスのとれた食事

カルシウム不足は歯の質の低下を招きます。そこでカルシウムをしっかりと摂って強い歯や骨を形成してくことが大切です。しかしそのためにはカルシウム以外の栄養素についてもバランスよく摂取していかなければなりません。

よく噛んで食べさせる

顎の発達が十分でない場合には歯の生えるスペースが不足して歯並びが悪くなってしまうことがあります。
そのため、よく噛んで食べさせることが大切です。柔らかい食べ物ばかりではなく、固いものも食べさせてあげましょう。

おやつのあげ方

欲しがるだけおやつを与えてしまうと、糖質で細菌が増殖し、虫歯菌から発せられた酸に歯が長時間さらされることになります。好きなだけ与えるのではなく、時間を決めるなどして対応しましょう。

親御様へのお願い

歯のケアやメンテナンスには歯科医による処置も必要です。そこでお子様の恐怖心をやわらげられるよう私たちも努めておりますが、保護者の皆様にもご協力をお願いいたします。
お子様が嫌な思いをしないためには、歯科医院が痛くて怖いところという印象を与えないことが大切です。

お子様を怖がらせない 歯医者に対して怖いイメージを与えないよう、「悪いことをしたら歯医者さんに連れて行く」といった脅し文句などは使わないようにしてください。
たくさん褒めてあげる 治療後には褒めてあげてください。そうすることでお子様にも自信がつき、歯医者に対する恐怖心も少しずつ取り除くことができます。複数回にわたる治療も乗り切ることができるようになります。
保護者の皆様もリラックス 保護者の皆様が緊張しているとそれがお子様にも伝わってしまいます。
お子様が安心して治療を受けるためにはまず保護者の方が落ち着くようにしましょう。