一般歯科

虫歯治療

虫歯を予防するためには、虫歯ができる原因についても知る必要があります。例えば甘いものを食べることで虫歯になるとも言われていますが、糖分自体が虫歯になるのではなく、糖分による虫歯菌の増殖が本来の原因です。この虫歯菌が歯表面を溶かし、虫歯をつくっているのです。そのため、この虫歯菌に対してどう対応していくのかが大切になってきます。
当院はこうしてできた虫歯に対して、できるだけ本来の歯を残しつつ、根本的な治療を施していきます。できるだけ歯を抜いたり削ったりしなくても済む治療法を第一に考え、また、再発防止にも努めてまいります。

MIによる虫歯治療の考え方

  • 初期の虫歯を再石灰化させる
  • 完全に除去して 再修復よりも補修ですますことを心がける
  • 口の中の虫歯菌を減らし、虫歯の進行を防ぐ
  • メインテナンスを徹底し、虫歯再発を予防する
  • 出来るだけ少ない範囲での虫歯除去を行う

MIとは、ミニマムインターベンション(Minimal Intervention)の略で、最小限の侵襲で治療を行うことを言います。歯は削ると再生しないため、虫歯治療ではできるだけ削る量を少なくし、健康な歯質を多く残すように心がけております。そのため虫歯ができたらすぐに削って対応するのではなく、歯の状態を確認し再石灰化ができるのかどうかを考慮しつつ、削らなくても良い範囲を見極めます。
もちろん、歯を削らなければならないケースもございますが、侵襲は小さくし、治療後のメンテナンス、そして虫歯の再発を防ぐよう徹底していきます。

虫歯の進行

C0[要観察]

症状

歯の表面のエナメル質が溶け始め、透明感がなくなってきます。白濁や着色がありますが、まだ歯に穴が開くほどの状態ではないため自覚症状もありません。

治療法

再石灰化を促進させるためにフッ素塗布などを行います。まだ自然治癒も可能な段階です。

C1[初期の虫歯]

症状

エナメル質の溶解が進行して歯に小さな穴ができてきます。歯痛などの自覚症状はまだありませんが、甘い食べ物がしみることがあります。

治療法

虫歯となった部分を削り、歯科用プラスチックであるレジンを埋めます。この段階では処置も簡単で、短時間で終わります。

C2[象牙質の虫歯]

症状

虫歯の症状がさらに進行し、虫歯部分は黒ずんでエナメル質下層の象牙質にまで穴が開きます。冷たいものや甘いものなどがしみ、歯痛を感じます。

治療法

患部を削り、その部分にレジンを詰める、もしくはかぶせ物をする場合もあります。

C3[神経の虫歯]

症状

歯には大きな穴が開きます。虫歯は神経にまで到達しており、歯痛があるものはもちろん、熱いものでもしみるようになります。

治療法

神経や血管を除去することになり、除去した部分には薬剤を注入することで根管治療を施していきます。その後患部は補強、かぶせ物をすることになります。

C4[末期の虫歯]

症状

この段階では歯の大部分が溶けてしまうほど虫歯が進行しています。神経は機能しなくなっているため歯痛を生じることはありませんが、放置していると歯根に膿がたまり激痛や悪臭などが発生する可能性があります。

治療法

抜歯で対応するケースが多いです。抜歯後はインプラントやブリッジ、もしくは入れ歯などを使用することになります。

歯周病治療

歯周病は、歯と歯肉の間にたまった歯垢(プラーク)に住みついた細菌に感染することが原因で引き起こされる病気です。歯肉炎と歯周炎に分類される炎症性疾患で、虫歯と同様、多くの人がかかる可能性のある歯科疾患です。細菌は歯肉に炎症を起こし、治療をせずに放置していると出血したり歯がグラグラしたりするようになる場合もあります。歯周病を防ぐには、正しい歯磨きや歯科医院での定期的な歯石除去が大切です。

歯周病の進行

健康な状態だと歯と歯肉に隙間はできていません。

歯垢を放置すると歯肉炎となり、歯と歯肉の間で徐々に隙間ができていきます。

歯肉炎が悪化し、歯槽骨や歯根膜も歯周病菌に侵され、溶けていきます。

歯肉炎の進行で歯槽骨がさらに溶け、歯がグラグラして不安定な状態になります。

歯のグラつきが悪化し、最終的には抜歯で治療することになります。

歯周病予防する方法

歯周病予防には正しい歯磨きと定期的な歯科医院でのチェックが効果的です。プラークコントロールと呼ばれ、歯に付いたプラーク(歯垢)を歯磨きによってしっかり落とすことが重要です。どのように磨けば良いのかわからない場合は、当院にお尋ねいただければ歯科衛生士が指導いたします。また、歯磨きで落としきれなかった歯垢を歯科医院で定期的に除去することも大切です。
また、プラークは「食べかす」だと思われがちですが、実は細菌の集まりです。歯周病だけでなく虫歯の原因にもなるためしっかり落とすようにしましょう。

正しい歯磨き

歯磨きでプラークを落とすには、歯ブラシの角度が重要です。正しくは歯ブラシの毛先を当てる角度のことで、歯と歯茎の境目に対し45度の角度で当てて磨いていきます。初めは鏡を見ながら毛先がしっかりと当たっているか確認し、丁寧に磨くと良いでしょう。歯ブラシにも種類がありますが、自分の使いやすい形状のものを選びましょう。毛先についてはテーパード加工されたものがおすすめで、ひと月が交換の目安です。

よく噛んで食べる

歯周病予防には正しい食べ方も関係しています。基本的にはよく噛むことが大切です。そうすることで唾液が多く分泌され、細菌を減らし、口腔内の洗浄効果が期待できます。柔らかい食べ物であったとしてもよく噛んで食べる習慣をつけましょう。

生活習慣の改善
1.食生活の改善
栄養バランスに配慮した食生活をし、ビタミンやカルシウム、たんぱく質、炭水化物など様々な栄養を摂るようにしましょう。
2.睡眠を十分に取る
睡眠不足は免疫力を下げます。病気を発症しやすくなるためよく寝る習慣をつけましょう。
3.ストレス解消
ストレスがたまることでも抵抗力は下がります。たまには気を緩めてリフレッシュする時間を確保しましょう。
4.喫煙
喫煙によって歯周病リスクは数倍上がります。禁煙、もしくはたばこの本数を減らすようにしましょう。
5.適度な運動
歯周病は糖尿病と強い関連性をもっています。そのため糖尿病の予防をすることが歯周病予防にもつながります。