お知らせ

食べ物が歯の間にはさまる・・・

お知らせ歯周病について

食後、とくに繊維質のものを食べたときなどに、歯と歯の間に食べ物がはさまることがあります。

それはだいたい40歳を過ぎてくる頃で、食後に爪楊枝が必要になる人が増えてきます。

原因としては、そろそろ歯周病が始まってきたことがあげられます。

歯周病は「歯を支える組織の病気」です。その組織が衰えたり弱ってくると、少しずつ「支えられている歯」が緩んできます。少しぐらぐらするぐらいでも隣同士の歯の接触関係が緩んでくると、そこに食べ物がはさまりやすくなります。すなわち、歯に食べ物がはさまりやすくなってきたら「歯周病の疑い」があると考えてもよいでしょう。

当院では歯周病の疑いがある時点で、歯ぐきの歯周ポケットの深さを測る歯周病の検査を行い、歯周病だと判断されれば、状態によっては、すぐに歯石を取るというわけではなく、まず歯ぐきをよくするために歯磨きのご指導をさせていただき、歯ぐきの治りを待ってから歯石を除去します。

歯周病は「痛みなく進行する」ことが怖いところで、症状がなくても定期健診をお勧めします。