更新情報

年末年始のお知らせ

お知らせ

年末年始のお知らせ2019年12月28日(土)~ 2020年1月5日(日) の期間、年末年始の休診とさせて頂きます。

続きを読む

こんな症状があったら歯周病かも!!

お知らせ

食べ物が歯の間にはさまる食後、とくに繊維質のものを食べたときなどに、歯と歯の間に食べ物がはさまることがありませんか。挟まり始めるのは、だいたい40歳を過ぎてくる頃で、食後に爪楊枝が必要になる人が増えてきます。原因として疑われるのは、歯周病です。歯周病は「歯を支える組織=歯茎の病気」です。その歯茎が衰えたり弱ってくると、少しずつ「支えられている歯」が緩んで...

続きを読む

ヴェルコム ウエルパルプ STを採用しました。

お知らせ

歯科用覆髄材料 ヴェリコム Well pulp を本日から使用開始しました。極めて優れた材料で歯髄保護をはじめ歯の寿命を延ばすために多くの症例に応用出来そうです。(メーカーHPからの引用です。)ヴェリコム Well pulp STは、化学的に合成された高純度カルシウムシリケートを主成分とするペーストタイプの歯科用覆髄材料です。天然鉱物を原料として使用していないので有害な重金属を含...

続きを読む

接着性システムの耐久性をさらに向上させる方法について

お知らせ

“Smear Layer Deproteinizing Pretreatment(SLDP)”を用いて接着の耐久性をさらに向上させる歯科医師向けの雑誌クインテッセンス10月号に掲載されていましたが、それを紹介します。「現在の接着システムは、その性能が向上し、実験室で接着試験を行うと比較的初期の接着強さには眼を見張るものがあり、各接着システム間でその差を見出すことは難しい。そのため、現在の接着歯学研究...

続きを読む

あっ!この痛み!! むし歯なのでしょうか?

お知らせ

初期のむし歯でしょうか?初期のむし歯を気づかずに見逃してしまうことがあります。むし歯の初期は、歯の表面が白濁することから始まります。歯の表面に付いた「歯垢」(プラーク)は、細菌が食べ物の中の糖分を分解して作った糊のようなベトベトした物質と細菌の塊でできています。この歯垢は酸性が強く、歯は酸に弱いため、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。むし歯の初期...

続きを読む

ファイバーポストコアの裏付け

お知らせ

根管治療歯へは間接法によるクラウン修復が行われることが多いが、その場合でも適切な支台築造が行わなければ歯根破折が発生し、抜歯に至る可能性が高くなる。すなわち、歯の保存という観点において、根管治療歯に対しての適切な支台築造およびその接着性が極めて重要となる。従来、ダイレクトボンディングは生活歯に対して行う修復法と考えられていた。しかし現在、日本歯科保存学会...

続きを読む

歯が抜けたらどうするの?

お知らせ

歯が抜けたら、入れ歯やブリッジを作り装着することになります。さて、入れ歯やブリッジとは、どういうものでしょうか?入れ歯ってどんな感じ?不幸にして事故や病気で手や足を失った場合、「義手」や「義足」をつけることになります。では、歯を失った場合はどうでしょう?歯周病などで歯を多く失った場合、義歯を入れることになります。義歯は字のとおり「作り物の歯」ですが、見た...

続きを読む

歯周病は、細菌感染による病気です。

お知らせ歯周病について

バイオフィルムは細菌の共同体?歯周病の初発因子であるプラークは細菌の塊で、1mg(湿重量)に10億個もの細菌が存在しています。プラークの細菌は、その周囲を多糖類(exopolysaccharides)に囲まれた、「バイオフィルム」とよばれる構造体を形成しています。歯周病の治療の基本はプラークの除去ですが、抗菌薬や含嗽剤に含まれる消毒薬はその効果が限定的であるといわれています...

続きを読む

動物が傷をなめるのはどうしてでしょうか?

お知らせ予防虫歯

動物がけがをした時、傷をなめます。どうしてなめるのでしょうか?➀痛いから②血がでているから③傷を消毒するため正解は、③傷を消毒するため、です。唾液には、傷を消毒する働きがあります。この働きをするのは、唾液にふくまれる“リゾチーム”という成分です。ばい菌がたくさん入っていて液体が白く濁っている試験管に唾液を入れると、ばい菌が壊されて液体が透明になります。これは、...

続きを読む