更新情報

限局矯正歯科治療(MTM:Minor Tooth Movement)

お知らせ

MTMとは口腔疾患をコントロールし、修復するために必要な歯科的治療を行いやすくするために行われる歯の移動のことをいう。MTMの目的は、次のようなものである。歯の移動により修復処置を可能に、あるいは容易にするプラークコントロールを容易にし、歯周組織の健康状態を改善する歯冠歯根長比を整え、咬合力が歯の長軸に沿って伝わるように改善する具体的には、次のようなものがある...

続きを読む

年末年始のお知らせ

お知らせ

年末年始のお知らせ2019年12月28日(土)~ 2020年1月5日(日) の期間、年末年始の休診とさせて頂きます。

続きを読む

こんな症状があったら歯周病かも!!

お知らせ

食べ物が歯の間にはさまる食後、とくに繊維質のものを食べたときなどに、歯と歯の間に食べ物がはさまることがありませんか。挟まり始めるのは、だいたい40歳を過ぎてくる頃で、食後に爪楊枝が必要になる人が増えてきます。原因として疑われるのは、歯周病です。歯周病は「歯を支える組織=歯茎の病気」です。その歯茎が衰えたり弱ってくると、少しずつ「支えられている歯」が緩んで...

続きを読む

ヴェルコム ウエルパルプ STを採用しました。

お知らせ

歯科用覆髄材料 ヴェリコム Well pulp を本日から使用開始しました。極めて優れた材料で歯髄保護をはじめ歯の寿命を延ばすために多くの症例に応用出来そうです。(メーカーHPからの引用です。)ヴェリコム Well pulp STは、化学的に合成された高純度カルシウムシリケートを主成分とするペーストタイプの歯科用覆髄材料です。天然鉱物を原料として使用していないので有害な重金属を含...

続きを読む

接着性システムの耐久性をさらに向上させる方法について

お知らせ

“Smear Layer Deproteinizing Pretreatment(SLDP)”を用いて接着の耐久性をさらに向上させる歯科医師向けの雑誌クインテッセンス10月号に掲載されていましたが、それを紹介します。「現在の接着システムは、その性能が向上し、実験室で接着試験を行うと比較的初期の接着強さには眼を見張るものがあり、各接着システム間でその差を見出すことは難しい。そのため、現在の接着歯学研究...

続きを読む

あっ!この痛み!! むし歯なのでしょうか?

お知らせ

初期のむし歯でしょうか?初期のむし歯を気づかずに見逃してしまうことがあります。むし歯の初期は、歯の表面が白濁することから始まります。歯の表面に付いた「歯垢」(プラーク)は、細菌が食べ物の中の糖分を分解して作った糊のようなベトベトした物質と細菌の塊でできています。この歯垢は酸性が強く、歯は酸に弱いため、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。むし歯の初期...

続きを読む

ファイバーポストコアの裏付け

お知らせ

根管治療歯へは間接法によるクラウン修復が行われることが多いが、その場合でも適切な支台築造が行わなければ歯根破折が発生し、抜歯に至る可能性が高くなる。すなわち、歯の保存という観点において、根管治療歯に対しての適切な支台築造およびその接着性が極めて重要となる。従来、ダイレクトボンディングは生活歯に対して行う修復法と考えられていた。しかし現在、日本歯科保存学会...

続きを読む